高値になりやすい車種

査定に出したとき、高値の買取額がつきにくい車種とそうでない車種があります。

 

代表的なものでいうと「軽自動車」です。

 

ここ数年、日本国内の自動車シェアで断トツのトップを誇っているのが国産の軽自動車」なんです。

 

軽自動車から軽自動車の乗換える人もたくさんいるほどなんですよ。

 

 

中古車市場でも軽自動車は安定して人気が高く、販売の回転も早いため価値が急激に下がることもありません。

 

これは業者が在庫を抱える心配がなく、不利益になるリスクが少ないためです。

 

ですから、軽自動車は高値が付きやすい車種といわれています。

 

 

軽自動車の中でも特に人気が高い車種がそろうメーカーはというと、一見トヨタやホンダかと思われがちですが実は「スズキ」です。

 

ワゴンRやアルトをはじめ、ハスラー、エブリイワゴンの人気車種を揃えています、

 

タントやウェイクなどの軽自動車を排出したダイハツも買取業者には人気のメーカーですね。

 

 

ワゴンRやアルトもそうですが、三菱の「パジェロミニ」は今も昔の人気があり、軽自動車の中では特に高値がつきやすい傾向にあります。

市場人気の高い高額買取額が期待できる車種記事一覧

皆さんが抱くディーゼル車のイメージはどういったものでしょうか。黒煙をあげる、臭い、うるさいといった負のイメージを持っている人はたくさんいると思います。そして環境に悪いというイメージが先行して国内ではディーゼル車の人気は衰えるいっぽうとなったのです。ディーゼル車に対して規制している場合もありますね。元々新車販売においても減少傾向にあったのですが、環境問題の台頭やハイブリッドカーの人気、ガソリン車の燃...

同じようなタイプの車でも自動車メーカーによっては金額が大きく変わってくることがあります。それは市場のニーズというものが関係していると言えるでしょう。例えばトヨタのパッソと三菱のミラージュという車があります。どちらも1000ccのコンパクトカーということでは似たような車なのですが、買取価格などではパッソの方がミラージュよりも高くなることが多いです。それこそ市場のニーズの違いです。そもそも買取価格とい...

1997年に世界初のハイブリッドカーが発売されて、すでに15年以上が経ちました。当時は10年もすれば半数の車がハイブリッドカーに変わるのではという気持ちを持った人も多かったと思います。ですから意外ともいえるのが現在のハイブリッドカーの普及率です。乗用車の10%ということですから、健闘しているという向きもありますが、明らかに燃費向上に寄与している車であるのにそこまで爆発的に普及していないのは、既存の...