同じ車種でもメーカーによって買取額は変わる!

同じようなタイプの車でも自動車メーカーによっては金額が大きく変わってくることがあります。

 

それは市場のニーズというものが関係していると言えるでしょう。

 

例えばトヨタのパッソと三菱のミラージュという車があります。
どちらも1000ccのコンパクトカーということでは似たような車なのですが、買取価格などではパッソの方がミラージュよりも高くなることが多いです。

 

それこそ市場のニーズの違いです。

 

そもそも買取価格というのは車ごとの年数や状態に対する基本価格に加えて、市場の需要などが加点されて最終的に販売価格となります。

 

パッソとミラージュはその基本価格ではあまり大きな差はないものの、後者のそれが非常にパッソの方が高いために金額に大きな開きが出るのです。

 

つまりより多くの人が欲しいと思っている車はそれだけ買取価格も高くなるといういわば当たり前のことなのですが、特にパッソは前列ベンチシートや

 

多くの収納スペースなどから女性にも人気の上、最近では燃費でもミラージュを上回ったのでそれは半ば当然のことなのかもしれません。

 

これらのことはほんの一例に過ぎず、他にも様々な事例がありますので、気になった方は自分が乗っている車と似たような車の買取相場の差などを
見てみるのもいいかもしれません。

関連ページ

ディーゼル車が高値に?欧州での需要の関係とは?
ディーゼル車の欧州での需要の高さと高値で買い取られる理由を紹介しています
エコカー時代!ハイブリットカーの査定はどう?
エコカーの代名詞でもあるハイブリットカーの査定について解説しています