こんな時はどうする?査定の疑問

これから愛車を売ろうと考えていても「こんな時どうすれば?」と素朴な疑問を抱きますよね?初めての方は特にわからないことが多いですよね。

 

たとえば「ローンの残っている場合売れるのか?」

 

本人名義で組んでいる通常のローンの場合は、可能です。

 

この場合は所有が自分であるので問題ありません。もちろん前のローンがなくなるわけではないので、それは払い続けないといけません。

 

次に所有が自分名義ではなく自動車販売会社などになっている場合です。

 

これは購入時にディーラー系などのローンを組んだ場合によくあるケースで、この場合基本的には残っている残債をすべて完済しない限り手放すことはできません。

 

ただし業者によっては現在乗っている愛車を下取りしてもらい、残債を次の車のローンに上乗せして組むことに応じてくれる場合もあります。

 

50万の残債があって30万の場合、次に組むローンにその20万を上乗せして払うという感じです。

 

これは次に払うローンの額が大きくなるので、それをする場合はよく考えたほうが良いでしょう。

 

このように、所有者によって手続きなどは違いますが、ローンが残っていても売ることは可能です。

査定の疑問記事一覧

愛車に乗っているうちに、気づいたらメインキーをなくしてしまっていたり、もしくはスペアキーをなくしてしまっていたりという人はちょくちょくいるかと思います。普通は購入したときは鍵はメインとスペアの2本ついてきますので、「一本なくしてももう一本あるからいいや」と不憫もないのでそのままにしているという理由が大半。ただ、それが「下取りや買取に出すときは査定に影響があるか」と気になる人もいるのではないかでしょ...

愛車を手放す理由の中には、長い間乗っていなくて家の車庫でオブジェ状態になってるという方が結構いらっしゃいます。このような理由の場合、オイルが劣化していたり、バッテリーが上がってしまっていたりとメンテナンスをしていない状態のものが多いんです。ではいざ査定となると「オイルやバッテリーは交換しておいたほうがいいのかな?」と疑問がよぎるのではないでしょうか?これに関してはほとんどの場合は変えなくても問題あ...